▼だめ太郎おすすめの出会いアプリ【ハッピーメール】はこちら

ハッピーメール
【会員数2000万人超の超巨大出会いアプリ】

女性完全無料。男性は最大1000円分のお試しポイント貰える♪

友人たちがこぞって出会い系サイトを使って楽しい思いをしているようで、おれも試しにやってみようと思った。
お金がかかる事は知っていたので、なるべく安く済む出会い系サイトを友人に聞いてハッピーメールに登録する事に。俺は39歳のおじさん、でも若くてかわいい子を狙っていた。せっかく出会うのであれば自分好み女性と出会いたいと誰もが思うもの。最近ご無沙汰の俺は、早くいい子と出会いたいと時間があればハッピーメールを覗いていた。

20歳のフリーター

ハッピーメールに登録して3日目に、20歳のフリーターの女子が目に留まる。その子と何度かやり取りをして、ラインのIDをゲット!それからはラインでやり取りをする事に。彼女は日中バイトをしているので次の休みはいつなのかを聞きだし、丁度俺の仕事が休みの日と一緒だったので合う約束をする事に。

難波で食事

彼女はフグを食べたいと言っていたので、難波にあるふぐ天神を予約していた。彼女と待ち合わせをしたのは高島屋の前。事前に聞いていた服装、白のワンピース姿の女性を探していると色白でかわいい子が白いワンピースを着ていた。近くに行って良く見てみると彼女はAKBにいそうな位かわいかった。スタイルは細めで、胸はそれほどないがスレンダーでかわいい系。こんなかわいい子が出会い系サイトで遊んでいるのかとも思ったが、俺は少し緊張した。久しぶりに女子と二人っきりで食事に行く事に。彼女と挨拶を交わし、歩いてふぐ天神へ。その道中彼女の笑顔がとっても素敵でかわいく、この子とエッチ出来たらなと淡い妄想を描いてしまった。ちょっと高めのディナーだとは思っていたが、かわいい彼女なので値段は気にならなくなった。彼女は最近20歳になったばかり、でもお酒は好きだと言うのでビールで乾杯する事に。彼女は言い飲みっぷりで、あっという間にジョッキを空にした。お互いふぐは久しぶりだったので、ふぐのおいしさで会話も弾んだ。ビールの後はお互いチューハイを2杯飲んでお店を後に。彼女の頬が少し赤くなってかわいさがアップ。

食事後はホテルへ

彼女にカジュアルな感じで「ホテルへ行こうか」と言ったらなんと「いいよ」と返事が帰って来た。マジでと少しびっくりしたが嬉しさのあまりに顔がほころんでしまう。そんな顔を見られないように、彼女と手をつないでホテルへ入った。彼女は少し恥ずかしそうだけど、男性経験はあるようでホテルへ入る事に抵抗はなさそう。

20歳のスレンダーな体

ホテルの部屋に入ると、俺はもう我慢できなかった。彼女にキスした。彼女は嫌がるそぶりもなく、逆に舌を入れてきたのだ。彼女とのキスを楽しみ、彼女のワンピースを脱がすと色白でスレンダーな体があらわに。私の息子はもうはちきれんばかりになっている。彼女は「シャワーを浴びたい」と言ったので、「一緒に浴びる?」と聞くと「やだ、恥ずかしい」と顔を赤くした。そのしぐさがとってもかわいく、半ば強引に一緒にシャワーを浴びる事に。

二人で洗いっこ

彼女は恥ずかしそうにブラとパンティーを脱いでいる。その姿を見てさらに興奮した俺。手で胸と下を隠しながら浴室へと入った彼女に、俺はシャワーをかけて上げた。そしてボディーソープを手に取り彼女の首筋から洗ってあげた。背中、腰、腕、お尻、太ももと順番に洗ってあげると、彼女は気持ちが良いのか「ああ」と声を漏らしていた。次に胸を洗ってあげる事に。彼女の乳首はサーモンピンク。胸を優しく揉んであげると「ああ、気持ちいい!」と小さな声で言った。乳首を責めると彼女の感じた声は大きくなり、「乳首敏感だね」と言うと「恥ずかしい!」と本当にかわいい反応。胸を5分位かけて洗ってあげた後に、「下のも洗ってあげる」と言って手を回した。びしょ濡れだった事に嬉しくなってしまい、「びちゃびちゃだよ」と言うと「感じちゃった」と彼女は言った。彼女の毛は手入れしていないようで、結構濃いめであったことに俺はさらに興奮してしまった。優しくクリちゃんを洗ってあげ、少しだけ穴に指を入れて洗ってあげると、彼女の体は九の字になって感じている。俺にもたれかかるように感じてしまっていて、「俺のも洗ってよ」と言うと「これじゃ洗えない」と言った。責める手を止めて、今度は彼女に洗ってもらう事に。彼女はボディーソープを手にたくさん付け、ギンギンになった私の息子を優しく洗ってくれた。「舐めってみて?」と私が言うと恥ずかしそうに舐めってくれた。私はもう我慢が出来なかった。

風呂場で挿入

私はベッドそばに置いてあるコンドームを急いで取りに行った。風呂場で挿入を試みたのだ。彼女は私の息子にコンドームを装着してくれ、このシツエーションでも不満はなさそう。立ちバックで挿入すると「ああ~ん、だめ~」と言って彼女は感じだした。彼女のアソコはしまりが良く、そしてとっても良く濡れた。パンパンびちゃびちゃと激しいピストン運動で彼女をバックで突き上げる。乳首とクリを責めながらバックで攻めると、特にクリを触った時は立っていられないほどになってしまう。

ベッドでフィニッシュ

「ベッドに行こう」と誘って、挿入したままベッドイン。今度は正常位で。彼女のかわいい顔を見ながらピストンすると「気持ちいい~」と大きな声を彼女は出した。「イッていい?」「私もイッちゃう!」正常位でフィニッシュ。彼女は満足したようで、「すっごい気持ち良かった、朝まで何回出来る?」と言ってきたので、「君みたいにかわいい子なら何回でも出来るよ」と答えた。朝までに3回もしてしまい、おじさんの体力はすっかりなくなってしまった。

<彼女との別れ>

翌朝、お互い仕事があったので朝早くホテルを後に。彼女は「また遊んでね」とかわいく言ってくれた。「いつでも連絡しておいで」と私は答えた。それ以降彼女からの連絡は月に1、2度。そして会うたびにホテルへ行ってエッチを朝まで楽しんでいる。

【期間限定】無料登録で1200円分(メール24通)のポイント貰える♪

公式HP: https://happymail.co.jp

コメントを残す

令和は女の子と楽しく!最短で出会う方法とは?

出会いの数を増やす方法

出会いの数が増加すれば、それだけで理想の異性へと出会う速度は加速します。最短で女性と出会いたければ出会いの数を圧倒的に増やすこの方法がおすすめです。

おすすめの記事